大学院での特色ある研究

分子素材工学は化学の観点から科学技術を発展させていく学問であり、新しい機能を持った物質や素材の開発を目的としています。そのため、分子設計化学・生物機能工学・素材化学の観点から、「新規材料創成」をテーマに分野間にまたがった複合的な研究を展開しています。研究拠点として、「次世代型電池開発センター」及び「ソフトマターの化学リサーチセンター」という三重大学リサーチセンターを設立し、異分野の連携により研究を推進しています。

主要な研究テーマとしては、材料の開発・合成法の開発・分析法の開発・物質の変換・バイオ技術の開発・物性の評価などが挙げられます。具体的には、例えば、電池材料・発光素子・機能性触媒・機能性ガラス・人工臓器用材料の開発や有害物質の分析法と無害物質への変換法など直接生活に係わる研究、有機磁石・ナノカーボン物質・人工細胞・情報変換ペプチド集合体の開発など次世代材料を目指した研究、環境にやさしい有機合成反応・新しい生理活性化合物の合成・不安定な有機物の解析・化学反応のシミュレーション・炭酸ガスの再資源化・立体構造特異的モノクローナル抗体の作製・高機能を有する高分子材料の開発・高分子物性の評価・新規な高機能触媒、ガラスおよびセラミックスの開発・ガラスやセラミックスの低温合成・組織障害再生のメカニズムなど基礎的な研究と多岐にわたっています。

分子素材工学専攻の教育研究分野の概略を示します。

講座 教育研究分野 担当教員 教育研究分野の内容

高分子設計化学 (高分子合成化学)

教 授 久保 雅敬
准教授 宇野 貴浩
高分子の分子設計と構造制御及び機能性高分子材料の開発
有機精密化学 (有機合成化学) 教 授 八谷  巌
准教授 溝田  功
新しい有機合成反応の精密設計とファインケミカルズ合成への応用
有機機能化学 教 授 北川 敏一
教 授 岡﨑 隆男
准教授 平井 克幸
新しい機能性有機分子の設計と合成、有機反応中間体の発生と反応
計算化学 (量子ナノ機能化学) 教 授 八尾 浩史
准教授 三谷 昌輝
助 教 大西  拓
分子軌道法を中心とした理論を用いて、有機・無機金属分子などの化学反応を研究

エネルギー変換化学

教 授 今西 誠之
准教授 森  大輔
助 教 田港  聡

応用電気化学、固体化学、エネルギー変換化学及び無機機能材料の開発
レーザー光化学 (ナノ材料物理化学) 教 授 伊藤 彰浩
准教授 小塩  明
レーザー、アーク放電、化学気相成長法などによるナノカーボンやナノシリコン物質等の合成
分析環境化学 教 授 金子  聡
准教授 勝又 英之
分析化学(極微量成分の分離・分析法の開発)と環境化学(炭酸ガスの還元・固定化、有害化合物の無害化・無毒化)
分子生物工学 教 授 湊元 幹太 分子生物工学、遺伝子細胞工学、生化学に基づく次世代モノクローナル抗体作製技術の開発および人工細胞モデルの構築
素材化学 有機素材化学 教 授 鳥飼 直也
准教授 藤井 義久
高分子物性(高分子界面化学、生体高分子、レオロジー)
無機素材化学 教 授 石原  篤
准教授 橋本 忠範
環境とエネルギーの調和、クリーンエネルギー、環境触媒の開発、ニューガラス、ニューセラミックスの開発
生体材料化学 教 授 宮本 啓一
助 教 晝河 政希
生体高分子(蛋白質化学、多糖の化学など)、生体ゲル及び医療用高機能材料の開発